Snowy カップケーキのレシピ

Snowy カップケーキの出来上がり!

突然舞いこんだお菓子教室の依頼。中学生が対象で、お菓子作りを通して英語に触れよう…というのが主旨のものでした。夫と相談し、もっともイギリスらしく簡単にできるものということでこのカップケーキを選びました。イギリスの料理雑誌にはとにかくよく登場するカップケーキのレシピ。その作りやすさが魅力なのでしょう(ほとんどのイギリス人は基本的に怠け者ですから!)、イースター、母の日、お誕生会、クリスマス、”イベント事にはカップケーキ!”というのがイギリス人の定番のようです。イギリスのカップケーキの特徴(日本のものと比べると)はアイシングで飾る点でしょうか。生地そのものだけでも十分甘いのに、これでもかというほどお砂糖を食べないと気がすまないイギリス人。アイシングの載っていないカップケーキなんてありえません。日本人には甘すぎるかもしれませんが、アイシングで飾るととってもかわいくなって一段とスペシャルな感じがすると思いませんか?いろいろなアレンジを楽しんでみてくださいね。

Serves: 

20〜25個分

Preparation time: 
30分
Cooking time: 
15分
Ingredients: 

生地

小麦粉
150g
無塩バター
150g
三温糖
150g
3個
ベーキングパウダー
小さじ3

飾り

粉砂糖
50g〜100g
水又はレモン汁
小さじ1〜2
カップケーキの生地
Method: 
  1. バターを室温に置いて柔らかくし、小麦粉とベーキングパウダーを合わせておく。オープンを180℃に予熱しておく。
  2. バター、三温糖、卵を大きめのボールに入れる。
  3. 小麦粉とベーキングパウダーをなるべく高い位置からふるってボールに入れる。
  4. ハンドミキサーで材料のすべてをスムーズになるまでよく混ぜる。
  5. 小さじ山盛り約1.5杯分の生地をカップケーキの型に入れる。生地を入れる量は型の3分の1くらいをめやすに。
  6. 天板にケーキを並べ約15分焼く。途中、焦げていないかチェックする。
  7. 15分経過したら、竹串をケーキの中に差してみて、焼けたかどうかチェックする。竹串に何もついてこなければOK。
  8. ケーキを取り出し、網の上にのせて約5分冷ます。
  9. 粉砂糖にレモン汁を加え混ぜ合わせる。冷めたカップケーキの上にそのアイシングをかけ、好みのものでデコレーションする。
Kyoko's tip: 

バターが十分柔らかくなっていないとケーキの生地が分離することがありますが、そのときは別のボールに熱湯を入れ、その中に生地の入ったボールをつけて混ぜ合わせると生地が滑らかになります。(湯煎の要領)焼いている途中で想像以上に生地が膨らむので、生地は少なめに容器に入れるのをおすすめします。