Kyoko'sシナモンロールのレシピ

Kyoko'sシナモンロール

私がイギリスにいる間に日本ではシナポン?シナモンロールたるブームの到来。(けっこう前の話になりますが***)いやぁ、日本人ってほんとに流行を生み出す天才ですよね。感心、感心…。しかし残念なことに私は日本でこの人気の1品を味わったことがないんです。各社が競って独自の製品を発表した模様なので、これに関してはみなさんそれぞれうんちくをお持ちでしょう。究極の味、発見したかったな。で、私はイギリスの料理本から学び、Kyoko'sシナモンロールのレシピを発表します!その料理本によるとシナモンロールは(ちなみにイギリスではCinnamon Bunsと呼びます。)北ヨーロッパでよく見られるタイプのお菓子で、その地方ではとてもおいしいものが食べられるそうです。私もいつかオーロラを見ながらシナモンロールをぱくつきたい!

Serves: 
Preparation time: 
10分
Cooking time: 
1時間15分
Ingredients: 
強力粉
450g
グラニュー糖
60g
小さじ1/3
ドライイースト(生イースト)
14g(30g)
バター
60g
牛乳
溶かしバター、溶き卵と合わせて300mlになる量(約180ml)
2個

表面に塗る卵液

1/4個
大さじ1

シナモンクリーム

グラニュー糖
100g
無塩バター(室温に置き柔らかくしておく)
100g
シナモン
小さじ1

トッピング

粉砂糖
20g
小さじ3/4
Method: 
  1. にクッキングペーパーを敷く。大きめのボールにお湯をはっておく。牛乳を人肌に温めておく。バターを湯せんで溶かし、溶き卵、牛乳と合わせて300mlにする。
  2. ボールのお湯を捨て水気を拭き取り、薄力粉、砂糖、塩をふるい入れドライイーストを加えてよく混ぜ合わせる。1の卵液を2/3に加えナイフで切るように混ぜる、残りの卵液を少しずつ加え、かすかにしっとりしたドウになるように調整する。もし水分が足りないようなら牛乳を少し注ぎ足す。 
  3. 粉をふるった台にドウを移し、約15分捏ねる。表面がなめらかで弾力性のあるドウにする。油をうすく塗ったボールに入れ、ラップして約30分室温に置く。
  4. シナモンクリームを作る。柔らかくしたバターと砂糖、シナモンを混ぜ合わせる。
  5. ドウの1/3を粉をふるった台の上でケーキ型の底面の大きさに合わせて麺棒でのばし底に敷く。残りのドウを約45cmx25cmの大きさにのばし、シナモンクリームを表面全体に均一に塗り、辺の長い方から軽く巻いていく。これを16等分し、切り口を上にして型に並べる。約15分放置し再発酵させる。オーブンを220℃、ガスマーク7に予熱する。
  6. 卵と水を混ぜ刷毛で表面にうすく塗り、オーブンの中段で約20分焼く。約10分後、アルミ箔で覆い、焦げるのを防ぐ。オーブンから取りだし冷めるまでそのまま放置し、粉砂糖と水を混ぜたトッピングをティスプーンで表面を飾る。
Kyoko's tip: 

ドウを作るとき水分を加えすぎないよう注意する。