オータムアーモンドケーキのレシピ

オータムアーモンドケーキ

秋はりんご、梨、プラム、いちじく、種無しマスカットなど様々な果物が店頭を彩り、見ているだけで嬉しくなります。そんな中でやはりイギリスにおけるりんごの存在感は圧倒的です。一般家庭の庭先にもりんごの木があることはめずらしくなく、9月の中旬から10月の初旬にかけては、「我が家のりんごです。」と言って、おすそ分けが回ってくることもあります。そんなおすそ分けでもらった大量のりんごを前に、いつものアップルクランブルを卒業しようと、料理の本を漁っていたところ、料理学校で習ったこのレシピと再会しました。本来のレシピはノルマンディタルトと言って、タルト地に上記のアーモンドケーキの生地を流して焼くものです。私はアーモンドケーキの部分が好きなので、レシピからタルトの部分を除きました。それによってタルトを作る手間が省け、手軽に作れるアフタヌーンティー用のケーキになりました。りんごと洋梨を使ったのは単に私が欲張りだからで、もちろんどちらかに統一してもOK!です。

Serves: 
Preparation time: 
10分
Cooking time: 
45分
Ingredients: 
りんご(紅玉、Cox orange pipins など)
1個
洋梨
1/2個
無塩バター(室温)
90g
砂糖(カスターシュガー)
90g
卵黄
1個
卵(溶いておく)
1個
アーモンドプードル
90g
小麦粉(プレイン)
大さじ2
ひとつまみ

飾り:

粉砂糖
少々

添えるもの:

生クリーム(ダブルクリーム)
100ml
オータムアーモンドケーキ
Method: 
  1. オーブンを190℃、ガスマーク5に予熱する。
  2. ボールにバターと砂糖を入れハンドミキサーで白っぽく、なめらかになるまでよく混ぜ合わせる。
  3. 卵黄を加えよく混ぜ、少しずつ溶き卵を加えながら更によく混ぜる。
  4. 2に小麦粉(ふるいながら)とアーモンドプードルを順番に切るように混ぜながら加える。
  5. りんごの皮をむき、半分に切り、へたと芯を取り除き、約2mm幅にスライスする。このときりんごをばらばらにしないようにする。手のひらで押さえるようにしてスライスしたりんごを寝かせる。洋梨も同じように処理する。
  6. に4を流し入れ、5のりんごと洋梨を形を崩さないように生地の上に移動させる。位置と形を調整した後、手のひらで押さえるようにしてりんごと洋梨を生地の中に沈める。190℃で15分、その後180℃、ガスマーク4に温度を下げて20〜25分焼く。竹串を刺してみて何もついてこなければ出来あがり。
  7. 粉砂糖をふり、ホイップした生クリームなどと盛りつける。
Kyoko's tip: 

バターは十分柔らかくなるまで室温に置く。