紅茶と私

イギリス流紅茶と私

しかし、不思議なもので、最近では住めば住むほどこの国の紅茶の魅力にはまっていく自分を発見している。日本に住んでいた頃から紅茶の時間と称して母と紅茶を楽しむほど紅茶好きではあったのだが。イギリスで暮らすようになって、一時帰国で日本に帰ると、イギリスのスーパーで売られているtea bags(日本で言うティパック)紅茶の、質の良さと便利さに改めて感嘆させられる。イギリスのものは、滲出性がよくtea bagといえども立派な紅茶がいただけるからだ。(最もイギリスではtea bagで入れる紅茶はお粗末とは思われていないが)それに比べ日本のそれは色、風味ともに物足りない。

最近、日本では紅茶ブームも手伝って様々な種類の紅茶の葉が手に入るようになってきている。街の喫茶店のメニューでも紅茶の存在感が増してはきているものの、その入れ方には疑問が残る。特にミルクティー。未だに温かい牛乳が添えられてくることに納得がいかない。ひどいところでは生クリームを出したりする場合がある。イギリスでは必ず牛乳は冷たいものを使う。この冷たい牛乳の真意には様々な論があるが私は個人的に紅茶の風味を損なわないためではないかと思っている。温かい牛乳を入れると牛乳特有の匂いが強調され、紅茶が乳臭くなる気がする。

イギリス暮らしで更に深まった紅茶への愛着、今では、いやこれからも紅茶無しの生活を送ることができない私の出会ったティールームを紹介していきたい。

イギリス流紅茶の入れ方のポイント

  1. ティポットにお湯を入れ温める。
  2. 必ず水からお湯を沸かす。(湯冷ましは使わない。)
  3. カップに牛乳を注いでおく。
  4. お湯が沸いたらすぐにティポットにお湯を注ぐ。(少しでも冷めないうちに。)
  5. 好みにもよるが、滲出時間はおおよそ3分がめやす。(3分以上は禁物)

余談:イギリスのボーイ、ガールスカウトではその活動の中に紅茶作りの係りがあり、担当になった者には腕章が与えられ、子ども達はそれを誇りに任務を果たすそうである。